time stop

モンキー フロントフォークOH

距離数が伸びてくるとフロントフォークのダストシールがひび割れ、そこからグリスが漏れ出し、ガタツキ始める。手っ取り早いのはフロントフォークごと交換してしまうことだ。今は中国製の安いフロントフォークも売っているが、やはり精度がよくないようだし、一流メーカーはそれなりの値段がする。ならば!自分で分解清掃&消耗品交換だ!モンキーのフロントフォークのオーバーホールに初挑戦!

※※2017年5月に2度目のフロントフォークOHを実施。内容を一部修正と追記。

用意するもの

リングプライヤー
【楽天市場】スナップリングプライヤーセット STRAIGHT/12-1113 (STRAIGHT/ストレート)

4mmのポンチ
【楽天市場】モクバ印 ピンポンチ 4mm×150mm

ウレアグリス
AZ(エーゼット) ウレアグリース チューブ100g (ウレアグリス・グリス) 781

2度目のOHには、ミニモト楽天市場店で部品を購入

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ホンダ純正モンキーフロントフォークガイド左右NO1778
価格:1340円(税込、送料別) (2017/6/27時点)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ホンダ純正ダストシール交換セットNO1534
価格:2370円(税込、送料別) (2017/6/27時点)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ホンダ純正モンキーピンスプリングNO2862
価格:195円(税込、送料別) (2017/6/27時点)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ホンダ純正モンキーピストンスライドパイプNO2863
価格:485円(税込、送料別) (2017/6/27時点)


モンキー フロントフォークOH手順

フォークのダストシールがヒビだらけ。グリス漏れはないものの、多少、ガタツキがある。15000キロ走ればこんなものか。では、オーバーホールしましょう!まずは、モンキーを台座に載せフロントを浮かせる。

タイヤを外してからだと緩めづらい(動いてしまうので)ので、フォークのトップブリッジのボルトを先に緩めておく。

ブレーキワイヤーを外し、次にタイヤを外す。ココまではいたって簡単。

モンキーフロントフォークオーバーホール

ダストシールを外す。固着していなかったのか、ひび割れていた為かスポッと抜けた。

【追記】2度目のOH時は、ダストシールのみを交換しようとしたが、結局は、分解しなければ取れないため、各部品も交換することとなった。

モンキーフロントフォークオーバーホール サークリップ

サークリップをリングプライヤーで外す。リングプライヤーがないと外せないので、用意しましょう。サークリップを外すと、リングバックアップも一緒に落ちてくる。錆だらけ。

サークリップを外してから、緩めておいたトップブリッジのボルトを完全に外すと、ヌルっとフォークが抜ける。

モンキーフロントフォークオーバーホール 交換

ハイ、取れました。両方ともグリスが変色。ダストシール付近は錆で茶色になっている。

モンキーフロントフォークオーバーホール 交換

【追記】フロントフォークガイドには上下の向きがあるので、完全に抜く前に向きを確認しましょう。

モンキー スライドパイプピストンを抜く

軽くグリスを拭き取り、スプリング部とフォーク部を分解する為、スライドパイプピストンのピンを抜く。細いポンチでピンを叩く。調べると4mmだそうです。ポンチがなければ、長めのネジか、6角レンチでもよいかもしれない。まぁ、ピンを抜くことさえ出来れば、なんだっていい。

4mmのポンチなんぞないので、適当な先が細いもので叩く。しかし、細すぎてうまくハマらないし、フォークが固定せず回ってしまうので、ピンを上手く叩けず悪戦苦闘!結果、スライドパイプピストンが割れました。まぁ、新品を用意していたので気にせず。ちなみに、スライドパイプピストンが劣化すると、ガタツキするそうです。フロントフォークOH時には交換したほうがよいでしょう。

スプリングアッパーフォルダー

ハイ、抜けました。今回は、スプリングまで分解はせず。よく見るとスプリングを挟んでいるスプリングアッパーフォルダーっていうらしいが、そいつのゴムがグニャってなっている。今回は見なかったことにしよう。スプリングを万力などでガッチリ固定して、外さないと取れないらしい。

左側が新品。写真では見づらいが、一目瞭然。 

【追記】2度目のOH時は、ミニモト楽天市場店で部品を購入したのだが、親切に取り付け説明書が添付してました。

【追記】ミニモトの取り付け説明書の注意点を見ると、写真緑丸のところに出っ張りがあり、その出っ張りが内側になるように取り付ける、という事です。また、写真矢印のところの穴があり、これが内側になるように組み立てます。1度目のOHには、知らずに出っ張りを外側にして取り付けた為、その出っ張りが潰れていました。ただ、走行には支障ありませんでした、たまたまかな?組み立て取り付けには、向きに注意してください。

綺麗にグリスを拭き取り、新品パーツを付ける。今度はスプリングとフォークをくっつけます。意外に打ちづらかった。滑るし、穴が合わないし、平らなところで打つべし!打つべし!

モンキーフロントフォークオーバーホール 交換

パッ見はとても綺麗になった。フォークもしっかり磨き、細かい傷も取れば、なおよし。ウレアグリスを使用。

調べた結果、ウレアグリスがベストと判断。モリブデングリスは、モリブデン自体が研磨剤となり、散布したもの自体が可動すれば研磨されるようだ。

たっぷり塗ります。たっぷりと。

ズボっと挿し、軽くトップブリッジのボルトを締める。ダストシールが取り付けづらい。新品なので、径が小さくなっている?ゴムとは言え硬いゴムなので、伸びない。両手の親指使ってグリグリと持ち上げ、押し込みます。手が痛い。やっと挿しこみ完了。コツとしては、指が痛くても気合を入れ、一度にグッと押し込み一発で成功させること。そうすれば、痛さは1度で済むよ。

タイヤを取り付け、ブレーキドラムも取り付け、ハイ、終了~約3時間、疲れた。交換する前に比べて、硬くカッチリな足回り。ノーマルでもしっかり仕事しています。OHしてよかった!